心と体

心が癒される言葉

 日本三景の一つにもなっている広島の宮島に行ったときのことです。そこのお土産店に杓子が並んでいるを麻衣まいは見つけました。杓子には「合格」だの「恋愛成就」だの、いろいろな言葉が書かれていましたが、麻衣まいは「気楽にいこうよ」という言葉が気に入ったのでそれを買って帰りました。値段はわずかに450円でした。今では部屋のパソコンデスクに吊してあります。パソコンの操作中でも杓子が目に入るようにディスプレーの左側に吊してあるので、いつもこの言葉で癒されています。450円で心が癒されるのなら安いものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザが流行

 麻衣まいの住む神奈川県でもインフルエンザが流行し始めたようです。一部の幼稚園・小学校では学級閉鎖が出ています。これからは寒くなるだけでなく空気も乾燥するのでなおさら感染しやすくなりますね。麻衣まいの教え子は今冬に大学受験をするので、予防接種を受けに行った生徒も出ています。まあインフルエンザはこれで予防ができるとして、問題はノロウイルスですね。こちらの方がげきれつにな症状で苦しめられますし、予防接種がない現状ではどうしようもありません。こちらの方もなんとか予防接種を開発してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪かな?

 喉が痛くなり、「あれ?」と思っているうちに次の日には咳が、さらにその次の日にはくしゃみ・鼻水が激しく出るようになりました。どうやら風邪をひいたようです。しかし学期中なので学校を休むことはできません。睡眠時間が確保できないのですが、なんとか治したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金歯が取れた

 つい先日のことです。ある日なぎを食べていた時、金歯が突然取れてしまいました。あわてて麻衣まいがいつもお世話になっている歯科医の先生(かつての私の教え子)に連絡しましたら「元の位置に戻せるなら戻して下さい」とのこと。しばらく試みましたが、無理だったので再度連絡し、医院で対処していただくことになりました。結局、元のようにはめ込むことはできず、持樹脂で埋めることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

血圧計を買いました

 血圧計を購入しようと思い、先週ヨドバシカメラへ行きました。今までの血圧計は腕ごと差し込んで入れる大きな機械でしたが、最近は手首にはめるだけ、それも長袖のシャツを捲る必要もなく服の上から測定できるよう小型のものになりました。これなら家に置いても場所をとりませんし、携帯するのも便利です。朝起きた直後だけでなく、走った後、風呂から出た後、食事をとった後など、いろんな局面で血圧がどのように変化するのかを測ってみたいと思います。そしていつも高血圧であることがはっきりしたら、麻衣まいも塩分を減らした食事に取り組まなければ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子宮頸ガンのワクチン

 子宮の入り口付近の粘膜に発生する癌を子宮頸ガンといいます。これを予防するワクチンがあるということで、12歳~18歳の女子を対象にワクチンの接種が任意で行われています。麻衣まいの教え子の中にも接種を受けた生徒がいます。しかしわずかな比率ではありますが、接種した人の中には重い副反応が出ています。一日中痙攣が止まらずそのために休学まで追い込まれた生徒までいます。全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会という組織があるのですが、昨日これの神奈川支部を立ち上げました。神奈川県では2010年度からの3年間で17万人の児童・生徒が接種を受け、少なくとも20人が重い副反応に苦しめられているとのこと。現実に副反応のために学校に行けなくなり休学を余儀なくされている高校生も出ています。そのため自分の勤務する学校にそういう生徒が出てしまった場合は学校側も何らかの形で救済策を講じなければならないと一職員として思いました。将来発生する恐れのある癌を予防するという目的で接種したのにもかかわらず副反応で人生を狂わされるというのは本末転倒であり、被害に遭っている生徒が可哀想でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮設トイレも防災用品に

 阪神淡路大震災・新潟中越地震、そして東日本大震災と深刻な被害をもたらす地震を幾度も経験した我が国だけに、最近はどこの自治体でも災害時に必要な物品を備蓄するようになりました。麻衣まいの住む地域の自治会にも災害時の備蓄用倉庫があります。毛布や水・食糧・トイレットペーパー・紙おむつ・生理用品などが用意されているのですが、じつは多くの自治体で備蓄されていないものが1つだけあります。それは仮設トイレです。麻衣まいは阪神淡路大震災を経験しました。避難所となった学校の体育館にもトイレはありましたが、ライフラインは途絶していますから排泄物を水で流すことはできません。あっという間に便器はてんこもりのうんこで見るに堪えない惨状となってしまいました。避難所だけではありません。公園のトイレでも事情は同じです。トイレが使えないため、人目のつかない道路のU字溝で排便する人も出てきました。そしてあっという間にてんこもりのうんこになり悪臭を放っていました。こんな状況では排泄行為をしたがらない人も増え、何も飲食せず脱水症状になった人までいました。そこで、災害時にも使える仮設トイレも備蓄する必要があると思うのです。目安は被災者100人辺り1基のトイレが必要です。単純計算で1人が1度の排泄行為で2分間トイレを占有すると考えると、各人は200分に1度の頻度で利用できることになります。200分は3時間20分です。人は一日に大便を1度、小便を7度程度しますから、100人辺り1基の仮設トイレは必要最小限の備蓄品になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体調が悪くても強気に

 病は気からと昔からよく言われていますが、麻衣まいは少しでも体調が悪くなると異常なほど心が弱気になってそれがまた症状を悪化させるという悪循環を招いてしまいます。特に弱気になると吐き気やめまい・脱力感といった自律神経失調の症状が強く出て非常に苦しくなります。元気な時は全く思いもしないのですが、吐き気やめまいがあるとすぐに「このまま死ぬのだろうか」とあらぬことを考えてしまいます。この性格はなんとかならないものかといつも思ってしまいます。

****************************************************

【本日の阪神】      (阪神)2-7(広島)/7O勝66敗4分

 先発はスタンリッジでした。2回、阪神は先頭打者の梵にヒットを打たれて出塁させてしまいました。岩本は討ち取ったものの木村に一発を浴びて2点を先制されました。3回もスタンリッジは先頭打者のキラを四球で歩かせてしまいました。松山は打ち取ったものの梵には死球で出塁させてしまいました。岩本にはヒットでつながれて1死満塁のピンチを作ってしまいました。木村は討ち取ったものの石原に押し出しとなる四球を与えてしまい3点目となる追加点を入れられてしまいました。スタンリッジはこの回で降板し4回は筒井が投げました。その筒井は無失点でした。5回は松田が登板しましたが、先頭打者の梵に2塁打を打たれてしまいました。岩本は討ち取りましたが木村にヒットでつながれ1死1・3塁となってしまいました。石原を討ち取って2死までこぎつけたのですが、野村に適時打を打たれて梵に生還されてしまいました。続いて丸に押し出しとなる四球を与えてしまいました。菊池に走者一掃の適時打を打たれこの回だけで4点を失ってしまいました。阪神は6回に鳥谷がヒット、マートンが2塁打で無死23塁のチャンスを作りました。ここで新井(貴)が適時打を打って鳥谷とマートンが生還して2点を返しましたが、それ以上の反撃はできずに終わってしまいました。これで広島とのゲーム差は2.5に縮められてしまいました。広島が明日の試合に勝って阪神が4;連敗すれば阪神は3位に転落し甲子園でクライマックスを戦うことはできなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2021年以後が恐ろしい

 東京電力福島第一原子力発電所から汚染水が地下水を通じて今もなお出続けています。これがどういう結果を生むことになるか考えて下さい。まず世界中の海洋に拡散します。海洋には海流がありますからその流れに乗って遠くの大陸や島々にも放射性物質を含んだ汚染水が運ばれることになります。当然、海産物が汚染され、それを水揚げして食べる私たちは内部被爆することになります。次に海面は大太陽の熱によって温められて絶えず水蒸気となって上空で雲となり、それは大地に雨を降らせます。井伏鱒二の書いた小説に『黒い雨』という作品がありますが、放射性物質を含んだ水が水蒸気となって上昇するのですから、当然その雨水にも奉仕や生物質が含まれています。したがって農作物も畜産物も土壌も汚染されることになります。海産物を一切口にしなくても、農作物や畜産物を食べればやはり内部被爆します。特に乳幼児など年齢の低い人ほど被爆の危険度は高まります。1986年にチェルノブイリで原発事故が発生しましたが、事故の7年後から小児白血病が急増しました。ということは今回の福島原発事故でも同じことが発生するのは不可避でしょう。事故から10年後といえば2021年です。その頃になって原発事故の晩発性障害が少しずつ出始めるのです。それがどんな形て出てどんな結果になるのかは誰にもわかりません。なぜならこれほどの事故は過去の日本人が体験したことのない事故だからです。これほど恐ろしいものはないと思います。

****************************************************

【本日の阪神】      (横浜)4-2(阪神)/69勝62敗4分

 先発はスタンリッジでした。今季はビジターゲームでの勝率が例年になく高い一方、甲子園での勝率が悪く、昨日の時点で26勝27敗3分と負け越しています。今日の勝利で五分に持ち込みたいところです。しかしスタンリッジは2回に先頭の中村に2塁打を打たれました。金城に犠打を決められ、松本に適時打を打たれて1点を先制されました。しかし3回に阪神はスタンリッジがヒットで出塁しました。西岡は左飛で凡退しましたが、俊介がヒットでつなぎました。さらにマートンが四球を選んで1死満塁となったところで鳥谷が適時打を打ってスタンリッジが同点のホームを踏みました。試合はそのまま終盤に入りました。8回に先頭の荒波にヒットを打たれてしまいました。梶谷を討ち取ったもののブランコにもヒットでつながれました。これで1死1・3塁です。中村は右飛に討ち取りましたが多村にバックスクリーンへ一発を放り込まれ3点を失ってしまいました。9回に阪神は2死走者なしから西岡がヒットで出塁、俊介の左飛が敵失となり西岡が1塁から生還しました。しかしそれ以上の攻撃ができずに敗れてしまいました。今日の敗戦で今季の横浜戦に負け越しが決まりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オアシス運動

 麻衣まいの勤務先の近くにある小学校には「オアシス運動」と書かれた看板が掲げられています。オアシスといえば普通の解釈は「砂漠の中で水がわき出ている緑地」ですから、学校で憩いの場となるような緑地でも作る運動でも推進するのかと思ったのですが、そうではありませんでした。オアシスの「オ」は「おはようございます」、「ア」は「ありがとうございました」、「シ」は「しつれいします」、「ス」は「すみませんでした」という言葉だったのです。つまりこれらの言葉が自然と言えるような人間になろうという教育なのです。本当に「心」を大切にした教育だと思いました。社会に出れば職場の内外でも自分の住む地域社会でも良好な人間関係を維持する必要性が出てきます。しかし私たち大人でもこれらの言葉をなかなか言えないことがあります。職場にも「オアシス運動」と書いた看板を貼って全職員がこれらの言葉を自然に言えるようになると良いのにと思います。

****************************************************

【本日の阪神】      (阪神)9-1(広島)/67勝59敗3分

 先発は能見でした。一方の広島は野村です。初回、1死から坂・鳥谷がヒットで出塁し新井(貴)の適時2塁打で坂・鳥谷が先制のホームを踏みました。福留が死球で出塁し2死1・3塁となったところで伊藤の適時打で新井(貴)も生還し初回だけで3点を取りました。2回も1死走者なしから西岡がヒットで出塁、坂の内野ゴロが進塁打となりマートンの適時打で西岡が生還し1点を追加しました。4回は清水が四球を選んで出塁、これを能見が犠打で2塁へ進ませました。ここで坂が適時2塁打を打って清水が生還、さらにマートンが昨夜のさよならヒットと同じく左翼2階席へ着弾する一発を放ち、この回だけで3点を追加しました。続く5回にも福留がヒットで出塁し、代走に柴田が送られました。伊藤が四球で出塁し無死1・2塁となりました。ここで清水が適時打を打って柴田が生還、続いて能見が犠打を決めて1死2・3塁としたところで西岡が犠飛を打って伊藤も生還したのでさらに2回を追加しました。前半5回だけで9点です。能見は9回2死まで広島打線をわずか2安打に抑える好投でしたが、完封勝利目前のところで廣瀬に一発を浴びてしまい完封にはなりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧