旅行・地域

水戸線の車窓

 今回は関東平野の北東を走る水戸線を紹介します。車窓は小山から友部へ向けて進行方向右側がお勧めです。筑波山が見られるからですが、筑波山は線路の南側にそびえているので晴れた日の日中は陽光が車内に入り暑く感じられます。

【小山~友部】

 東北本線の小山を上野方向へ向けて出発します。すぐに左カーブし東北本線の線路と分かれ東に向きを変えます。小山は栃木県ですがすぐに県境を越えて茨城県に入ります。この先終点の友部までずっと茨城県内を走ります。最初の駅が小田林です。周囲は田畑と住宅地です。そしてほどなくして結城です。ここは市街地になっていて乗降客もそれなりにあります。東結城・川島と停車します。相変わらず田畑の中に住宅地といった車窓ですが、次の玉戸あたりから右手に筑波山が見えるようになります。その筑波山が大きく見えるようになると下館です。ここは関東鉄道の線路が右手に、真岡鉄道の線路が左手に見えます。一部の列車はここで折り返します。下館を出ると新治・大和を経て岩瀬に着きます。このあたりで筑波山が右手真正面に見えるようになります。かつてはここから土浦まで筑波鉄道の線路があり筑波山の麓まで行くことができました。岩瀬を出るとそれまでの関東平野から丘陵地帯に入ります。羽黒・福原・稲田と小さな駅を過ぎて、左手に市街地が見えると笠間です。そして次の宍戸を過ぎると左にカーブし常磐線の線路と合流して友部に着きます。小山からここまで1時間です。朝夕の列車は通勤・通学の便を考慮して水戸まで乗り入れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外房線の車窓

 房総半島をめぐる2回目の今回は外房線です。座席は進行方向左側がお勧めです。

【千葉~上総一ノ宮】

 千葉ではホームの途中から総武本線の線路とホームが左に去るという珍しい形状をしています。発車すると右にカーブします。やがて右から京成千葉線の線路、左から千葉都市モノレールの線路が現れます。そしてしばらく進むと本千葉です。県庁へ行くには千葉ではなくここで降りるのが近いのですが、普通列車しか停車しません。京成電鉄千原線の線路が右から左に去り、やがて京葉線の線路が合流すると蘇我です。発車すると内房線の線路が右に去り、こちらは南東に進んで丘陵地帯に入ります。京成電鉄千原線の線路と直交してしばらく進むと鎌取です。周辺は住宅地になっています。丘陵地帯を進んで誉田、勾配を上って土気です。勾配といっても最高点は90mなのでたいしたことはありません。トンネルをくぐると一気に下って大網に着きます。ここから右にカーブし南に向きを変えて水田の中を走り、永田・本納・新茂原と停まり、左にカーブすると茂原に着きます。市街地は左手に広がっています。南東に進み八積を経て上総一ノ宮に着きます。千葉からここまで50分程度です。

【上総一ノ宮~安房鴨川】

 上総一ノ宮で折り返す列車もあるため、この先は列車本数が減ります。そしてここからは単線になります。上総一ノ宮を出るとすぐに線路は右にカーブし南に向きを変えます。九十九里浜が近づき東浪見・太東・長者町・三門と停車すると右手からいすみ鉄道の線路が合流し大原に着きます。次の浪花を過ぎるといよいよ太平洋の大海原が望めるようになり御宿です。この近辺は険しい地形になっていて、トンネルをいくつもくぐりながら海を望むようになります。漁港の勝浦を出ると海岸に出て鵜原です。少し山の中を走って上総興津、再び海を望み行川アイランドに着きます。「行川」を「なめかわ」と読むので難読駅名といえるでしょう。ここからやや長いトンネルをくぐり山の中に入ると安房小湊、そしてまたトンネルをくぐり太平洋に出ると安房天津です。そして市街地の中に入り終着の安房鴨川に着きます。そのまま内房線の線路として続いているので終着駅という感じがしません。上総一ノ宮からここまで普通列車で1時間程度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内房線の車窓

 今回から房総半島を走る線区になります。まずは東京湾に沿って走る内房線を紹介します。座席は進行方向右手がお勧めです。内房線の起点は蘇我ですが、普通列車は千葉が始発なのでお好みの座席を確保したければ千葉から乗らなければなりません。

【蘇我~館山】

 蘇我を出ると外房線の線路が左へ去っていきます。こちらも緩く右にカーブし南西に向きを変えて最初の停車駅が浜野です。住宅地の中を進んで八幡宿を経て五井に着きます。小湊鐵道の線路が左に見えます。養老川を渡ると姉ヶ崎です。海側は埋め立てられてコンビナートや火力発電所が所狭しと林立しています。列車は長浦・袖ヶ浦・巌根と停車し左にカーブし久留里線の線路が合流して木更津に着きます。市街地を南下しトンネルをくぐると西に向きを変えて君津です。ここで折り返す列車もあります。君津からは単線になります。左にカーブし青堀を過ぎて大貫に着くとようやく海岸に近づきます。トンネルをくぐって一度海から離れると佐貫町、そしてまたトンネルをくぐって海に近づくと上総湊です。短いトンネルを5つくぐり竹岡、さらに5つトンネルをくぐって浜金谷に着きます。駅からすぐのところに港があり久里浜港へ行くフェリーに乗り換えることができます。鋸山の下をトンネルで貫いて保田です。列車は依然として海岸沿いに進んでいるのでトンネルの合間に海を見ることができます。安房勝山を過ぎると少し山側を進んで岩井、その後5つのトンネルをくぐり海側へ出ると富浦、そして那古船形と進みます。やがて平地が広がり市街地になり館山に着きます。特急はここが終着になります。蘇我から館山まで普通列車で1時間40分程度です。

【館山~安房鴨川】

 ここからは普通列車しか走らない区間になります。線路は左に大きくカーブして東へ向きを変えます。房総半島をショートカットするためです。九重を過ぎ、トンネルをくぐると千倉です。千倉を出ると左にカーブし今度は北東に向きを変えます。右手に海が見えますが今度は東京湾ではなく太平洋です。千歳を過ぎ、岩礁が見えると南三原、そして再び砂浜が広がると和田浦です。そして江見を過ぎると岩礁が多くなります。太海の近くにはいくつもの島が海に浮かんでいるのが見えます。そして小さな川を2つ渡りトンネルを1つくぐると安房鴨川に到着します。館山から40分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田線の車窓(2)

【佐倉~銚子】

 総武本線の佐倉を銚子方面に向けて出発します。しばらくは総武本線とともに水田を見ながら進みますがやがて左にカーブし北に向きを変えます。上下線の線路が離れて短いトンネルをくぐって少し走ると酒々井です。やがて京成本線の線路が左手か近づきこれを跨いで成田に着きます。成田を出るとすぐに我孫子へ向かう成田線が左にカーブして視界から消え去ります。やがて成田空港へ向かう線路が右へカーブして離れていきます。こちらはひたすら北へ向かって進みます。京成電鉄成田空港線の線路をくぐりほぼまっすぐ進んで久住に着きます。発車すると一度右にそしてすぐに左に大きくカーブして進み利根川に接近し滑川に着きます。利根川は左手すぐのところに流れているのですが、堤防に遮られて利根川の川面を見る事はできません。ここから右へカーブし東へ向きを変えて下総神崎・大戸・佐原と停まり、香取に着きます。ここは香取神宮の最寄り駅です。発車すると鹿島神宮へ向かうJR鹿島線の線路がすぐに左カーブして離れていきます。こちらは利根川沿いに南東に進みます。東関東自動車道をくぐると水郷、黒部川を渡ると小見川です。利根川の向こうに広がる鹿島工業地帯、その向こうに筑波山を望みがら列車は進み、笹川・下総橘・下総豊里・椎柴と停まり、右手から総武本線の線路が合流すると松崎です。ここで折り返す列車はなく、すべて総武本線に乗り入れて銚子まで走ります。佐倉から松崎まで1時間30分程度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田線の車窓(1)

 この路線は常磐線の我孫子から成田へ向かう線と総武線の佐倉から成田を経て銚子へ向かう線とがあります。しかし2系統を直通する列車は1本もなく車両も別々です。今回は前者を取り上げます。

【我孫子~成田】

 常磐線の我孫子を水戸方面に向けて発車します。常磐線の上り線と立体交差して右へ曲がります。ほどなくして東我孫子です。北西に500mのところに常磐線の天王台があります。右側に手賀沼が並行していますが水面は見えるほど近づくことはありません。車窓は団地があるかと思えばゴルフ場も見えます。そんな中、淡々と東へ進み湖北・新木・布佐と停まります。線路は台地の上にあり、右側は手賀沼の干拓地になっています。六軒川を渡り利根川に近づくと木下です。読み方は「きのした」ではなく「きおろし」です。次の小林を過ぎると印旛沼から出ている長門川を渡り安食に着きます。近くは水田、右手遠くには印旛沼を望みながら下総松崎を過ぎます。そして左手から銚子からの成田線が合流して成田に着きます。線路は千葉方向を向いています。行き違いの有無と待ち時間の関係で所要時間は列車によって多少の差はありますが、我孫子から成田まで40分程度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京葉線の車窓

 今回から千葉県を走る線区を取り上げます。最初は京葉線です。東京では地下駅ですが、車窓は進行方向右側がお勧めです。

【東京~蘇我】

 起点の東京は地下にホームがあります。最初の駅が八丁堀、次が越中島ですがいずれも地下なのでここまでは車窓から何も見えません。越中島を過ぎてしばらくすると地上に上ります。高架線になり潮見に停まります。線路は南に向かって進みますが、やがて大きく左にカーブして東京メトロ有楽町線の線路と並ぶようになると新木場です。ここからは東へ向かって進みます。工場や倉庫など雑然とした建物越しではありますが、右側は東京湾を見ることができます。荒川を渡ると葛西臨海公園です。右側に大きな観覧車が見えます。葛西臨海公園を出発すると今度は江戸川を渡ります。ここから千葉県です。まもなく右窓に東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの建屋と広大な駐車場が見下ろして舞浜です。左にカーブして北東に向かって進み新浦安です。右窓に東京湾を見ながら進んで市川塩浜、そして武蔵野線の線路が左に分岐して二俣新町、さらに左手から武蔵野線の線路が合流して南船橋です。わかりにくい表現ですが、武蔵野線の線路は京葉線の東京方面にも蘇我方面にも直通できるように連絡線が設けられているのです。やがて左に船橋競馬場が見えると南船橋です。ここからは南西に向かってほぼ一直線になり新習志野・海浜幕張・検見川浜・稲毛海岸・千葉みなとと停車します。南船橋からもずっと海の近くを走っていますが車窓は住宅地で高層マンションが林立しています。千葉みなとを出ると千葉都市モノレールの線路が左手に去っていきます。そして内房線の線路が左から合流して終着の蘇我となります。東京からここまで普通で50分、快速で40分程度です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴見支線・南武支線の車窓

【浅野~海芝浦】

 浅野では先週紹介した本線から右へカーブして分岐し、扇町へ行く本線が左に去っていきます。線路はさらに右にカーブし南に向きを変えます。左側に運河を見ながら進んで新芝浦です。ここから先は東芝京浜事業所の敷地内になり線路も単線になります。もう一度右に大きくカーブし運河に面したところにホームがあって終点の海芝浦です。改札を出ても一般道はなく、東芝の社員以外はホームから外へ出ることはできません。しかし目の前は海が広がっていて気持ちの良いので一般客も結構遊びに来ています。

【安善~大川】

 武蔵白石までは先週紹介した本線と同じ線路を走ります。もともとは武蔵白石にも大川支線専用のホームがあったのですが撤去されてしまいました。倉庫や工場の建ち並ぶ中を走り、運河を渡ると終着の大川です。

【尻手~浜川崎】

 これは南武支線です。南武線の尻手を川崎方面に向けて発車します。本線は左へ大きくカーブしますが、南武支線はそのままま南へ直進します。貨物線と合流して単線になり、東海道本線と京浜東北線の線路を跨ぎます。右手から東海道貨物線の線路が合流し八丁畷に着きます。ここでは京浜急行電鉄の線路が下で直交しています。ここから貨物線の線路とともに進み川崎新町に着きます。左側は工場、右側は住宅外の中を進み首都高速横羽線の高架橋をくぐると終着の浜川崎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶴見線の車窓

【鶴見~扇町】

 起点は鶴見です。東海道本線の神戸方面に向けて発車します。鶴見線のホームだけ高架線になっていて発車すると左下に横須賀線・京浜東北線・東海道本線・東海道貨物線の線路を見て進みます。しばらく進むと左に大きくカーブし南東に向きを変えてこれらの線路と京浜急行電鉄の線路を全部跨ぎます。そして最初の駅が国道です。下には駅名の通り第一京浜国道が直交しています。国道を出でると線路は鶴見川を渡ります。そして地平に折りると鶴見小野です。ここを出ると左にカーブして弁天橋です。車窓は京浜工業地帯の中なので工場と住宅が混在しています。しばらく東へ向かって進むと海芝浦へ行く支線が分岐して浅野に着きます。セメントやガス、石油コンビナート群を見ながら進み、安善です。そして右側から貨物線が合流し、逆に大川へ向かう支線が右へ分岐するとまもなく武蔵白石です。ここから線路は一度左にカーブした後、また右へカーブします。川崎貨物駅へ伸びる貨物線の下をくぐると浜川崎です。ここでは南武支線に乗り換えることができますが、ホームはやや離れたところにあります。運河を渡り右にカーブし南に向きを変えるとまもなく昭和です。そして倉庫や工場が雑然と建ち並ぶ中、終着の扇町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山手線の車窓

 山手線は東京都区内を一周していますが、東京を起点に上野を経て田端までは東北本線、逆に東京から新橋を経て品川までは東海道本線の所属になります。したがってここでは品川から渋谷・新宿・池袋を経て田端に至る部分のみ紹介します。

【品川~新宿】

 東海道本線の神戸方面に向けて品川を発車します。すぐに京浜急行電鉄の線路をくぐりやがて右にカーブし西に向きを変えます。そのため南へ向かう東海道本線の線路が左側へ去っていきます。左側から横須賀線の電車が走る品鶴線の線路と東海道新幹線と並行します。しかし山手線の線路はさらに右へ右へとカーブするので、これらの線路も左へ去っていきます。山手線はひたすら右へカーブし続けます。やがて左側から湘南新宿ラインの電車が走る線路と地下から出てきたりんかい線の線路が現れ、大崎に到着します。ここまでの区間は山手線が最も環状線であることを実感できる区間です。ですから、品川を出るときには南を向けていたのですが、大崎に着く頃には北へ向いています。大崎からは直線で進みます。湘南新宿ラインの電車が走る貨物線の線路が左側に並行します。頭上に東急池上線の線路が現れると五反田です。緩く右にカーブして急に暗くなると目黒です。駅全体が建物の中に入っているため、いかにもトンネルに入ったかのような感じがします。目黒を出ると左側に並行していた貨物線を跨ぎます。ここから池袋までは貨物線の線路が右側に並行します。その後一瞬ではありますが右側に東京タワーが見えて、恵比寿に着きます。そして、今はもう走らなくなった東急電鉄東横線の線路の下をくぐって渋谷へ着きます。線路はひたすら北へ向かい原宿に着きます。そして右側から中央本線の線路が合流すると代々木です。中央緩行線の下り線の下をくぐると新宿です。

【新宿~田端】

 発車するとすぐに線路が高くなって中央本線の線路を跨ぎます。中央本線の線路が左側へ去ると右側に西武新宿線の西武新宿駅のホームを見えます。そして少し進むと新大久保に着きます。戸山公園を右に見て高田馬場です。発車すると西武新宿線の線路を跨ぎます。線路は依然として北へ向かいます。目白を出ると頭上を西武池袋線の線路が跨ぎます。そして池袋に到着します。池袋を出ると埼京線の線路の下をくぐり右へカーブし東へ向きを変えます。堀割の中を進んで大塚に着きます。下を東京都交通局荒川線の線路が直交しています。緩く左へカーブして巣鴨を経て駒込に着きます。駒込を出ると線路が高くなって貨物線の線路を跨ぎ、続いて右にカーブしながら京浜東北線の大宮方面の線路を跨ぎます。そして線路が低くなって田端に着きます。線路は南東に向きを変えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

埼京線の車窓

 今回は埼京線です。電車はりんかい線の新木場から乗り入れており大崎からJR山手貨物線の線路を走ります。池袋までは山手線と並行しているので車窓の景色は山手線と同じです。池袋からは旧赤羽線の線路を走り、赤羽からは東北新幹線の線路と並行して大宮に至ります。ここで折り返す列車もありますが、ここから川越線に乗り入れて川越まで走るものも多くあります。

【池袋~大宮】

 池袋では山手貨物線の線路を駒込方面に向けて発車しますが、池袋を出るとすぐに山手貨物線の線路が右に分かれます。山手線の線路を跨いで東武東上線と並行するようになります。右手は山手線の車庫が見えます。やがて左側に東武東上線の北池袋が見え、東上線の線路が左へ去ります。そして板橋です。住宅地を一直線に北上して十条、そして線路が高架線になって右側から東北本線の線路、頭上に東北新幹線の線路が覆いかぶさって赤羽に到着します。
 赤羽を出るとすぐにトンネルに入ります。トンネルを出ると左側に東北新幹線の線路が並行するようになり北赤羽に着きます。次の浮間船渡を出ると荒川ほ渡り埼玉県に入ります。線路は北赤羽からずっと高架線で住宅街を見下ろしながら戸田公園・戸田・北戸田と進みます。そして武蔵浦和に着きます。ここは武蔵野線が埼京線をくぐる形で直交しています。武蔵野線から東北貨物線へ向かう連絡線を跨いで中浦和に着きます。次が南与野です。東側に京浜東北線の北浦和があります。そして与野本町です。ここは東側に京浜東北線の与野があります。そして北与野です。さいたまスーパーアリーナの建物が右に見えます。その向こう側には京浜東北線のさいたま新都心があります。北与野を出ると埼京線の線路は今まで並行していた東北新幹線の線路の下に入り、高架線から一気に地下に入り大宮に着きます。池袋から大宮まで普通で36分、快速で26分です。

****************************************************

【本日の阪神】     (阪神)7-3(横浜)/71勝66敗4分

 先発は秋山でした。2回に秋山は先頭の松本・白崎に連打され無死1・3塁のピンチを背負いました。黒羽根は内野ゴロでしたが西岡が適時失策したため1点を先制されてしまいました。3回に先頭の俊介がヒットで出塁しました。次の鳥谷が右翼へ着弾する一発を放って2点を取ってあっさりと逆転しました。その後もマートン・福留が連続して四球で出塁しました。その後1死を取られましたが新井(良)が適時打を打ってマートンが生還し3点目を取りました。ここで横浜ベンチは須田から土屋へ投手を代えました。しかし阪神は秋山もヒットでつないで満塁としたところで、西岡が2回の適時失策を取り返す適時打を打ちました。これで福留・新井(良)の2人が生還し5点を取りました。その後秋山は5回先頭の荒波にヒットを打たれました。梶谷は討ち取ったのですがブランコに一発を浴びて2点差に詰め寄られてしまいました。ここで阪神ベンチも秋山を諦めて筒井に代えました。その後6回は久保、7回は加藤、8回は安藤が登板し横浜打線を無得点に抑えました。9回に阪神は鳥谷が四球で出塁したところでマートンがセンターのバックスクリーン左へ一発を放ち、4点差に引き離しました。この時に広島が中日に敗れたため阪神の2位が確定しました。9回はセーブポイントはかない点差ではありましたが、福原が登板し横浜打線を抑えました。この横浜の敗戦で中日の4位と横浜の5位も確定しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧